FC2ブログ

サド男の鬼畜陵辱体験談

真症サディスト向け体験談、小説、同人、エロゲ、出会いの場などをまとめています。
サド男の鬼畜陵辱体験談 TOP  >  鬼畜体験談 >  新人教育で集団レイプする会社

新人教育で集団レイプする会社

レイプ&リリース


大量の精液を女のマンコに集団注入するのはとても楽しい。

それも会社の新人OLを先輩上司の男たちで輪姦するのは最高だ。


俺の会社にこの間入ってきたばかりの女は、気弱な24歳の女だった。

少しのミスでさんざん叱りつけるみたいな調教をしてやると、半泣きで俺たち上司に媚びてくる。


真面目系クズとでも言うのだろうか、彼女は誠実というより卑屈な性格になって、俺たちの言うことはなんでも鵜呑みにする企業戦士という名の奴隷になってくれた。

ここまでくるとサドで変態な俺はたまらない気持ちになってきて、いよいよ同僚含めて5人と本格レイプを開始した。



上半身黒スーツのままで下半身だけを露出した男たちが女の周りに仁王立ちしている光景はなんとも異様だった。

飲み屋やカラオケに連れまわしてさんざん酔わせたあと、俺たちは同僚所有のデカい持ち家に部下の新社会人女を半ば監禁したのだ。



「やるべきこと分かるよな?いつもお前のミスで迷惑してんだからよ、コレ舐めて謝罪してみろよ」


「う…うぅ…」



部下が狼狽える姿を見て逆に興奮した俺たちはペニスをフル勃起させて6人全員で顔に押し付けた。

男たちの蒸れたチンポから匂い立つオスの匂いに女は顔をしかめていたが、次第に酒の効果か性癖がそうさせるのか、女はエロい痴女のような表情になっていった。



「ああもう我慢できねぇ!さっさと咥えろ!」

一人が暴走して部下の鼻を摘んで開口させて、巨大なペニスを口にねじ込んだ。

残った俺たちも全員で女の顔に思い切りペニスを押し付けて顔ズリを始めた



「ああ…!いや!あぁあ…!」

口では嫌がっていても興奮しているのだろう、女は先ほどから腰を不自然に動かしていて、いかにも俺たちに犯されたいかのようだった。

それを確認した俺たちは全員分のチンポをフェラチオ奉仕、イラマチオしたあと、レディーススーツをひん剥いて全裸にしてやった。



そこからの記憶はかなり曖昧だが、6人全員、代わる代わるに口とマンコを犯しまくったのは覚えている。

口内射精させてごっくんさせたし、マンコに種付けするべく中出しを何度も繰り返した。



浣腸はさすがにできなかったのでケツマンコをファックするのは出来なかったが、それは次回のお楽しみということにしておこう。

身体中男のザーメンでドロドロになるまで犯し尽くして、部下に集団輪姦という名の新人教育を施した俺たちはとても満足した。



今度は社員旅行で社長あたりとも手を組んで露出とかス○トロなども楽しんでみようと思う。

立派な精液便器として育ってくれて、会社の先輩としては嬉しい限りである。



こういった集団輪姦モノを楽しんでみたいなら、そのての鬼畜エロ漫画を読むのがおすすめだ。

レイプ&リリース

スポンサーサイト
[PR]

[ 2015/11/10 20:05 ] 鬼畜体験談 | TB(-) | CM(-)