FC2ブログ

サド男の鬼畜陵辱体験談

真症サディスト向け体験談、小説、同人、エロゲなどをまとめています。
サド男の鬼畜陵辱体験談 TOP  >  鬼畜体験談 >  SMには安全と信頼、そしてなにより愛が必要。

SMには安全と信頼、そしてなにより愛が必要。

鬼畜系のプレイ体験談を数多く持つ俺が言うのもなんであるが、結局のところこのブログで表現しているところの過激な鬼畜陵辱体験というのはあくまでプレイなのである。つまりは男女がお互いに合意の上で信頼関係をしっかり構築した上で行うものだけが正しいSMプレイであり、それ以外は一切認めてはいけないのである。 現にハードSMプレイは男女共に安心してプレイできないとまったく気持ちよくないし楽しくもないのだ。そこのところをよく理解している敏腕の緊縛師や調教師は、刺激的なセックスを求めるすべての男子たちに安全対策の徹底と信頼関係の構築が必要だと熱弁しているのである。 こういったSMを愛しているからこその常識やお約束事をくれぐれもおろそかにしないことを皆に肝に銘じてほしいと思う。

その上で信頼関係第一、安全第一で行うハードなSMセックスでは、定番の緊縛や鞭打ち、蝋燭プレイのみならず、イラマチオなどのさまざまなプレイが楽しめるだろう。この世の中にはたとえ表現が歪んでいても強く熱い愛をくれる男性を求めている女性が多く居るものなのだ。 だからこそ、本気でハードなSMプレイやマニアックなプレイを求める女性とはさまざまな出会い系やSNSで出会っていくことをおすすめする。最近はSMを本気で愛する者たちが集う出会い系サイトや、素人がとにかくたくさん集まる大手出会い系サイトなど、数多くの多様な出会いの場所が存在するため、こういった場所をフル活用していくこともぜひ覚えておいてほしいと思う。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2017/11/03 00:18 ] 鬼畜体験談 | TB(-) | CM(-)
管理人紹介

Author:SADISMAN-X
サディズム、変態性癖、鬼畜陵辱を妄想するHENTAI男です。

※当ブログに掲載されている体験談はすべて妄想であり、エロ小説、創作物です。
現実と妄想の区別がつかない方、18歳未満の方は閲覧しないでください。

エグいエロサイト更新情報