FC2ブログ

サド男の鬼畜陵辱体験談

真症サディスト向け体験談、小説、同人、エロゲ、出会いの場などをまとめています。
サド男の鬼畜陵辱体験談 TOP  > 

痛みと快楽の違いは曖昧なものです

SMプレイを嗜む者であれば誰でもある程度分かっていると思いますが、人間が感じる痛み、痛覚で味わう強い刺激というのは感じ方に人それぞれ個人差があるもので、ずばりとても曖昧なものです。 そしてその曖昧な痛みが不快な痒みなどではなく、気持ちよさ、快楽に感じられたなら、それだけで十分マゾの性感というものを理解したことになるのではないでしょう。 実を言うと私もここ数年長い間SM調教を楽しんできたサド男なのですが、実際に出会い系サイトで出会った女性のマンコやアナルを攻めていると、相手が痛みよりも快楽を感じていることが多いと実感しています。 特にアヌスやクリトリスを指で弾いたりすると一際強い悲鳴と同時に艶のある声色を出してくれるので良いものです。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2017/10/08 23:45 ] 鬼畜体験談 | TB(-) | CM(-)

スカトロやリョナも二次絵ならいける人多数

さすがに海外製のスナッフフィルムや鬼畜エロ動画は引くわーって人は俺を含めて結構多いと思う。
やはり血や便まで出てくるような過激な鬼畜陵辱エロスは二次元に限るってことで、そのての陵辱系を楽しむなら同人作品をオカズに使った方が良いだろう。

俺の経験上、よくよく探せばかなり非道なリョナ描写が多い同人エロがDL同人として売られているし、そのての作者は人気があまりない分、好きな連中が寄付感覚で購入してやると、普通に短期スパンで新作を提供してくれるから助かるものだ。
この間も戦争捕虜系シチュエーションを好むド変態鬼畜同人作家が新作を発表していて歓喜したばかりだし、このアングラなエロ趣味が今後も楽しめるようにするためには、作者への経緯を忘れないことが最低限必要なんだろなとは思う。
[ 2017/09/16 18:56 ] 鬼畜コラム | TB(-) | CM(-)

アングラで流通する鬼畜陵辱モノ作品通販の猟奇性

いわゆる闇ウェブとか闇サイトと呼ばれるような場所にはビットコインを使った商取引市場が存在するそうだ。

しかしそのての場所は素人どころかネットセキュリティに詳しい専門家でも近づくのは危険であるし、どのような過激な性癖を持っている人間でも極力近づかないようにするのが一番良いのである。

現に今の日本という国には、そんな見るからに物騒で詐欺まがいな場所に行かずとも、適正価格かつ完全に合法なかたちで、鬼畜系エロ漫画家らが描いた同人誌やCG集を購入できる場所が存在するのである。

お堅いPTAみたいな連中にしてみればアングラサイトと捉えられても仕方ないような作品ばかり並んでいる同人系ダウンロード作品が買える通販サイトは、アングラで流通する鬼畜陵辱モノ作品を求めるマニアにはおすすめの市場と言えるだろう。
[ 2017/05/13 20:02 ] 鬼畜コラム | TB(-) | CM(-)

エグい鬼畜陵辱体験を欲して止まぬ変態紳士に捧ぐ言葉

普段から鬼のような性格をしているサディストというのは、意外と性生活になると温和でラブラブセックスを好む人だったりするものだ。

逆に言えば日常生活では温和でやさしいサラリーマンを演じている男ほど、夜の生活ともなればエグいエロ同人誌でもありえないようなお下劣ド鬼畜セックスを嗜んでいたりするのである。


そこのところを理解している俺が考えるに、そういった二面性を持つ男子たちというのはまったく異常でもなんでもなく、彼らそれぞれの性癖と欲望を誰にも迷惑かけずに妄想の中で楽しんでいけば良いと思うのである。

鬼畜陵辱体験にあこがれるという男でも、さすがにハイエースやキャンピングカーに乗って闇サイトの住人みたいな行為に走るのは絶対にやめるべきであるし、そんな行為を現実行為として本気で願う人間はすぐにでも自らブタ箱に入るべきだろう。

[ 2017/05/06 23:41 ] 鬼畜コラム | TB(-) | CM(-)

エグすぎる鬼畜体験談は引きますか?

世の中には悲惨な戦争や猟奇的な事件が多々あるものだが、中でも恐ろしいのはレイプに関わるものである。
どれもこれも都市伝説のごとく実在したものかどうかは分からないが、鬼畜陵辱の歴史というのは思いのほか長い歴史を持っているようだ。
事実俺の知る限りでも古代のローマ帝国傘下とか、アメリカ大陸開拓時代などはなかなかにエグい同人誌と同じくらい過激なことが実在したようである。
[ 2017/04/21 20:10 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)